HINEMOS(ひねもす)日本酒8銘柄飲み比べセット:日本酒好きな方がきっと笑顔になるセット。自分へのご褒美にも☆

HINEMOSを手に取った人はきっとみんな笑顔になる8銘柄の小瓶セット☆

※ 読了目安:29分

こんばんは。日本酒に愛された女です♪

日本酒好きなあの方へサプライズで日本酒を贈りたいのだけれど、どれを選べばいいのだろう?

と、悩んでいる方はいらっしゃいませんか?
好みは人それぞれなので、日本酒好きな方への日本酒選びって難しいですよね(^^; 今回はそんな方へオススメの神奈川県小田原市の森山酒造にて造られているHINEMOS(ひねもす)日本酒8銘柄飲み比べセットをご紹介♪
こちらは洗練されたデザインにまず心をつかまれ、時間帯をコンセプトにした斬新なアイデアに驚かされ、飲みきりサイズの小瓶(170ml)8銘柄すべてが味わいもアルコール度数も異なり、新しい世界を見せてくれるので、気づくと笑顔になれちゃいます(^^) ワクワクして美味しくて楽しくてとっても大満足なセット。ぜひ日本酒好きなあの方へサプライズで贈ってみてください。きっと喜んでいただけると思います♪
また、冷蔵庫のドアを開けるたびにHINEMOSの小瓶が目に飛び込んできた瞬間も、「どれにしようかな♪」と選びゆっくりといただいたひとときも、とっても幸せな時間でしたので、自分へのご褒美にもピッタリだと思いますo(^^)o 
そんなHINEMOSの世界へどうぞ♪

2021年11月7日

HINEMOSとは?

時間帯をコンセプトにした日本酒

HINEMOSのコンセプトを一部抜粋します。

その時の、そばに。HINEMOS
時間帯によってその時間を最高な瞬間に変えるお酒は違うと考えます。「HINEMOS(ひねもす)とは「全ての時間」という言葉。HINEMOSがあなたの全ての時間に寄り添い、最高な時間を演出します。
引用:付属の冊子より

時間帯に合わせて日本酒をチョイスするって斬新だなぁ~☆ 私は今まで料理によって日本酒を選ぶことはあっても、時間帯によって選ぼうと考えたことはありませんでした。「みんなに平等に訪れる24時間をどう過ごしどんな日本酒を選び楽しむのかはあなた次第♪」ってことかなと。選択権を与えられるのってしびれますね♪

セットの8銘柄

  1. SHICHIJI(PM7:00)
    Alc.5%、夜の始まりを告げるスパークリング日本酒
  2. HACHIJI(PM8:00)
    Alc.7%、多彩な料理に応える白濁のオールラウンダー
  3. KUJI(PM9:00)
    Alc.15%、ディナーを引き立てる香り華やかな純米大吟醸
  4. JUJI(PM10:00)
    Alc.15%、デザートライスワインで最高のフィナーレを
  5. JUICHIJI(PM11:00)
    Alc.14%、締めにふさわしい品格 素材引き立つ純米吟醸
  6. REIJI(AM0:00)
    Alc.5%、深夜の始まりを彩る赤色酒
  7. ICHIJI(AM1:00
    Alc.16%、夜更けに深まる味わい コクとキレの豊潤純米酒
  8. NIJI(AM2:00)
    Alc.15%、深い夜を鮮明にするりんご酸純米酒

このラインナップいかがですか?低アルコール~高アルコールまで。そして味わいがすべて異なるんです。ワクワクしちゃいますよねo(^^)o

こんな方にオススメ

1.贈答用の日本酒飲み比べセットを探している方

  • 日本酒好きの方を「あっ!」と驚かせたい
  • オシャレな方に贈りたい
  • 日本酒に興味を持ち始めた方に贈りたい
  • 一度にあまり量が飲めないけれど日本酒が大好きな方に贈りたい

2.自分用の日本酒飲み比べセットを探している方

  • 好みの日本酒を見つけたい
  • まだ飲んだことのない新しい味わいに出会いたい
  • 少量を美味しい内にいろいろ楽しみたい
  • 冷蔵庫が小さいけれどいろいろ揃えて飲み比べしたい
  • ご褒美に買って美しい瓶を眺めながら時間帯に合わせてステキなひとときを楽しみたい☆

「今まで見てきた飲み比べセットとちょと違うみたいだなぁ?」とか「ちょっと気になるな☆」と思われた方は、「開封の儀 → SHICHIJI~NIJIまでの開封・感想」の順で書きますので、引き続きぜひご覧くださいませ(^^)

開封の儀☆

わぁ♪ カッコいい☆

なんと!ふたを開けると箱が2段になっていました☆ やられたなぁ。お重文化に慣れ親しんできた日本人ならではかな?箱を開ける前からワクワクしましたo(^^)o それも小さく開けられた丸窓からちらりと瓶が顔をのぞかせているではありませんか!チラリズム効果?で「どんなモノが入っているんだろう?」と、そそられちゃいました(笑)

心の中で「ジャーン!」と効果音を鳴らしながらいざ開封っ!すると目に飛び込んできたのは8本の美しい小瓶たち☆ いやぁ。美しい~☆ 目にも楽しい~♪ めっちゃテンションが上りました(^^)/

小瓶1本170ml(グラス2杯分)というサイズ感も絶妙~☆ これなら一度にあまり量が飲めない私のようなタイプでも「開けちゃおうかな♪」と気軽に手に取りたくなるし、飲み比べもできちゃう♪ それに、開封後すぐに飲みきれずに小さな冷蔵庫内を占拠したりすることもなさそう☆

ご参考)小さな冷蔵庫に入れてみた図

冷蔵庫下段(高さ:24cm、奥行き:30cm)に2箱スッポリ入りました~(^^)/
「よしよし!入ったぞ。」と、箱をもう一度取り出し、美しいなぁと小瓶を1本手に取った瞬間、ひんやりした感触に思わず、

美味しそう~❤ わぁ。今飲みたいなぁ~o(^^)o まだ飲んじゃだめかなぁ(^^;

と、まだ午前中だと言うのについ飲みたくなってしまいました(笑)

付属の冊子類

早く飲みたい気持ちをおさえながら同梱されていた冊子類を確認してみると、HINEMOS 8銘柄のTASTE MAP、各味わいのコンセプト・説明、ポストカードが☆
TASTE MAPがあるとだいたいの味わいが想像でき「どれからどんな風に飲んでいこうかな?」という計画が立てられるのでいいんですよね~♪ 予想を超えてきたときには「お!違った(^^)」なんてその違いに気づくのもまた楽しいですし♪
油絵のようなタッチのステキなポストカードは部屋に飾り、時々眺めては癒やされています。と同時に「そろそろ飲む時間では?」とポストカードが脳に訴えかけてくるのは少々危険なのですがね(^^)

ではいよいよ8銘柄の開封・感想と参りましょう~(^^)/ 実際に飲むのが1番わかりやすいのですがご参考になれば幸い☆ SHICHIJIからNIJIまで時計回り順でご紹介しますね♪

1.SHICHIJI:夜の始まりを告げるスパークリング日本酒

CHARACTER:お米の細かな粒や酵母が混ざっているため白濁しています。ワインのシャンパンと同じ製法(瓶内二次発酵)で造り、酵母が発行する際に作り出す炭酸ガスをお酒の中に閉じ込めました。Alc.5%

瓶の底に5mmくらいのオリがたまっていました。冊子の「HOW TO DRINK」を参照するとこんなことが書かれていましたのでそれに従って開封することに。

  1. 開封前に必ずよく冷やしてください。推奨温度は5℃以下になります
  2. 決して振らないでください。5秒ぐらいかけてゆっくりと、1度逆さにしてから開封してください
  3. ワイングラスでお楽しみください

開封すると少しシュワシュワしましたが、吹きこぼれるようなことはありませんでした(^^)

利き猪口に注ぐと色は薄めの青白い感じ。濁っており底の蛇の目模様が見えません。ポコポコと気泡が上がってきます♪
推奨されているワイングラスに注ぐと、気分もパッと華やぎました(^^)

感想:口当たりよく飲みすぎ注意報発令

甘酢っぱうまっ♪ シュワシュワ♪ 美味しい♪ ほんのりバニラ風味で、上あごに薄い膜のようなものが少しまといつつ軽くてとても飲みやすい。
Cute系だなぁ。甘さが何かに似ているけれど何だろう。黄桃?杏?スイーツ感覚で飲めそう。洋風なものとかクラッカーとか合うかも?
スパークリングは口当たりものどごしも良いから、日本酒とは思えずクピクピ飲んじゃうな(^^) 美味しくて半分残すつもりが飲みきってしまった(^^; 170mlっていう設定は飲みすぎなくてちょうどいいかも(笑)
休日の夕方、爽やかな風を感じながら早めの夕食とともにくピリといくのも良さそう~♪ これは飲んじゃうな。はい!口当たりよく飲みすぎ注意報発令しました(笑)リピート候補☆

きのこの山(いちご&ショコラ)と一緒に。Cute×Cuteでけっこういけました♪

2.HACHIJI:多彩な料理に応える白濁のオールラウンダー

CHARACTER:お米の細かな粒や酵母がたくさん含まれています。白く濁っていて、口当たりはとても優しく滑らかです。お米の味わいや酵母が作り出す酸味をダイレクトに感じられます。透明な日本酒では味わえない独特の美味しさがあります。Alc.7%

もろみが約半分もたまっています♪

5秒ぐらいかけてゆっくりと1度逆さにしてから開封し利き猪口に注ぐと白濁しています。ガラスのお猪口に注ぐと真っ白なのがわかりますね♪ わ~い!にごりだにごりだ♪

感想:あまずっぱくてカルピスみたい☆

1回目は16:30~、2回目は翌日の23:30~飲みました。

1回目(16:30~)

あまずっぱ♪ カルピスっぽい。バニラのような後味は1本目に飲んだSHICHIJIに似てる。この後味がHINEMOSの特徴なのかな?
にごりの食感が楽しい♪ 美味しい~(^^)/ バランスがいいなぁ。にごりもごくごく飲みたくなっちゃうから飲みすぎ注意ですねぇ(笑)
ふっくらジューシーなささみソテーと飲むのも美味しかったけれど、これ自体がとても美味しいのでどちらかと言うとおつまみなしの単体で飲みたくなるかな♪

ささみソテー醤油味

ささみソテー醤油味

磯辺餅

磯辺餅

2回目(翌日の23:30~)

ふと、「HACHIJIってプレーンヨーグルトにミックスフルーツを入れた時の味と似てるかも?」というトンデモなことが浮かび、冷蔵庫からプレーンヨーグルトと常備品コーナーからミックスフルーツの缶詰を持ってきて準備。「まさかねぇ(^^;」と思いながら食べてみると、「やっぱりHACHIJIって、ミックスフルーツヨーグルトに似てる~(^o^)」ってな発見が☆ これってもしかして、乳酸菌系の味わいの日本酒ってことなのかな?童心に帰るようなどこか懐かしさも感じられてほっとする味で、HACHIJIもかなり気に入ったなぁ。日本酒を飲んでミックスフルーツヨーグルトが浮かぶという体験も楽しく心が踊った2回目でした(^^) リピート候補☆

ミックスフルーツヨーグルト!?

ミックスフルーツヨーグルト!?

3.KUJI:ディナーを引き立てる香り華やかな純米大吟醸

CHARACTER:パイナップルや洋梨のような香りを楽しめます。この香りは、酵母が特殊な条件下で発行する際に多く生まれます。酵母のもつポテンシャルを最大限引き出すために、低音で長時間かけて最高峰の技術で仕上げました。Alc.15%

感想:夜ご飯によく合う正統派の美味しさ

1回目は17:00~、2回目は2日後の21:30~、3回目は3日後の21:30~飲みました。

1回目(17:00~)

”香り華やかな純米大吟醸” とのこと。見た目は透明。口を近づけるといい吟醸香♪ 
一口飲むと、「うんっ!!」思わず力強い声が出て小さくガッツポーズ。しっかり完成形の日本酒の味。私がいつも好んで飲む味にほっとする(^^) と思ったら少しバニラっぽい香りも。昔々、初めて京都の「蒼空」を飲んだ時に感じたバニラのような味わいと舌に膜が薄く残るような感じや、友人たちと集まり食べた淡白な味わいのふぐにもよく合ったなぁと楽しかった場面や味の記憶が呼び起こされる。KUJIとふぐもきっと合うんだろうなぁ☆

ささみソテー醤油味

ささみソテー醤油味

磯辺餅

磯辺餅

ささみソテーとの相性よし♪ 私が作るふだんの料理に合いそう。純米大吟醸でしっかりした味わいは単体で飲んで満足☆なだけじゃなく、食中酒にしても素晴らしいということなんだなぁ~o(^^)o

2回目(2日後の21:30~)

いつも美味しい日本酒を飲む時にそばにあるおつまみ=おかきとミックスナッツと。間違いない(^^)

3回目(3日後の21:30~)

バターやクリームを使った料理に合うらしいので前日にお猪口一口分だけ残しておき、久しぶりに海老グラタンを作って合わせてみることに♪ 市販のソースで作ったら塩気が強めで、その塩気とチーズのコクが前面に出てうっかり日本酒の味わいが消えそうになってしまった(^^; でもしっかりとした味わいの日本酒なので何とか負けずについてくる感じ♪ いい日本酒がもったいないから私はやっぱり普通の和食、1日目のささみソテーのような素材そのものの味をいかしつつ少しの塩味を添える♪ という料理に合わせたいかな(^^) 夜ご飯によく合うまぎれもない正統派の美味しい日本酒でした♪

4.JUJI:デザートライスワインで最高のフィナーレを

CHARACTER:仕込み水の一部を日本酒(純米酒)で仕込みました。そのため、お米の甘味が多く残り、酸味も豊かに感じられます。15% 程度のアルコールが濃厚な味わいをさらに引き立たせています。Alc.15%

感想:めちゃうまデザート系ラ・フランス❤

1回目は00:00~、2回目は同日の22:00~飲みました。

1回目(00:00~)

見た目は結構黄色い。
これも第一声は「うんっ!」でした。好みの味に出会うととっさに出ちゃうんです(笑)甘酸っぱくて軽くて美味しい❤ 梨みたい♪ 最初に甘みたっぷりデザート系。でもベッタリとした甘味やとろみのあるデザートワイン系ではなく、後口上あご奥がカーっとしてからキレる。飲んでいくにつれ口の真ん中辺りを通過した時点でふくらみ、サッと消える。

これ美味しい~っ(^^)/

おつまみいらずで食後にゆっくり味わいながら飲みたくなる。熟した梨の甘うまみのようで好き~っ❤
ちなみに0時に開封したのでおつまみなしでと思いつつ、このままでは美味しすぎて空けちゃいそうだったので(^^; ちょこっと柿ピーを合わせてみたらキリッ!とした味わいとは合わず、最初から最後まで口の中で一切交わることなく平行線(笑)どんだけ仲が悪いねんっ!もし何かおつまみを合わせるなら、洋風の軽めのものが合いそうだなと思った夜でした☆

2回目(22:00~)

めっちゃ美味しかったので同日夜にもいそいそと注ぐ♪ 家にあった食材から洋風料理は作れそうになかったので、鶏肉・ピーマン・玉ねぎ・しめじ・めんつゆで親子丼の卵抜きもどきを。予想通り和食とは合いませんでした。アハ(^^)
気を取り直してJUJIだけで一口くぴり♪

ラ・フランスだぁ~!

JUJIは完成されたデザートライスワインだなぁと、実感。この味、本当に美味しいっ♪
めっちゃ気に入りました~(^^)/ リピート大候補☆

5.JUICHIJI:締めにふさわしい品格 素材引き立つ純米吟醸

CHARACTER:本来、日本酒がもつ品や繊細さを追求したクラシック(王道)なタイプのお酒です。華やかさを抑え、穏やかで軽快な香味に仕上がっています。Alc.14%

感想:軽やかキレイな酸味、ラ・フランス風味

1回目は17:00~、2回目は3日後の21:30~飲みました。

1回目(17:00~)

軽やかキレイ☆ ラ・フランス系。カルピス少々。
3本(HACHIJI、KUJI、JUICHIJI)で飲み比べしたらKUJIのほうがどっしり重く感じ、JUICHIJIは酸味が強く爽やかだなぁと思いました。

2回目(3日後の21:30~)

Cuteな日本酒だなぁ♪ (磯辺餅と一緒に飲んだらなぜか口の中でピーチに変化しましたw)
今まで5本、SHICHIJIからJUICHIJIまで飲んできた中では一番きれいな水のようなスッキリさ・キレイさを感じました。

6.REIJI:深夜の始まりを彩る赤色酒

CHARACTER:ロゼワインのような透き通った鮮やかな赤色が特徴。この色素成分はお米由来のアントシアニンというポリフェノールの一種です。お米のもつ天然の色素を利用した、味わいだけでなく色調にもこだわった日本酒です。Alc.5%

補足)「REIJI」の綺麗なロゼの液色を楽しむために
光にあたると、ロゼ色が透明に変化していきます。冷蔵庫での保存が必須になります。

感想:

1回目は22:30~、2回目は翌日の14:00~飲みました。

1回目(22:30~)

「ロゼっていったいどんな味なんだろう~?」
と、興味津々。ワイングラスに注ぐとキレイな色~☆ 明かりに透かしたくなる。そして何枚も写真を撮りたくなる(笑)
一口飲むと、「あま~い(^o^) 苺みたい!」でした。Cute♪ これこそデザートワインだな。何も言わずに飲んだら、日本酒だと思わないかも☆

SCENE:AM 0:10
ようやく仕事や家事から解放されてほっと一息。

「なるほどなぁ~。」と、納得。口の中はほわ~んとゆっくり蜜のような甘さが満ちていくので、頭の中はその甘さで癒やされるようにゆるる~んとほどけていく感じになったのですよね~。Alc.5%なので体への負担も大きくなく、寝る前にゆるんと心も体も脳もリラックスして解放しちゃお~(^^)/ って時に良さそう♪

2回目(翌日の14:00~)

お菓子のような甘さにも感じられたので、2回目は遅いランチタイムに♪
「もしかしてホワイトソースと合うかも?」
と、グラタンの残りをホワイトシチューのようにして合わせてみたけれど、ちょいと違いました(笑)REIJIはやはり単体でまったりゆったり楽しむのが良さそう☆ あ!もしかしたらミルクチョコレートとか、ドライフルーツなんかもいいかも♪ 甘いものが好きなあまりお酒に強くない女子に「こんな日本酒もあるんだよ☆」なんて教えてあげるのもいいかも(^^)♪

7.ICHIJI:夜更けに深まる味わい コクとキレの豊潤純米酒

CHARACTER:日本酒特有の「旨味」を感じられる日本酒です。麹(こうじ)をつかう量を調整して、麹のニュアンスやお米の持つ旨味を引き出しました。家庭の温もりを連想させるような味わいがあります。〆のカレーに合わせても負けないお米の旨味を凝縮して閉じ込めた一品です。Alc.16%

感想:お米の旨味、香り、キレ、バランス良し

ICHIJIとNIJIは友人2人と一緒に飲みました。感想を聞き取るのに夢中で写真を撮り忘れました(^^; ぜひ味わいを想像してみてくださいね♪

1回目(20:00~)
香りよし♪ 普通に好き
ちょっと甘味がある。それなりのアルコール度数を感じる。ウィスキーに近い。グッとくる。軽くはない。ちょっとずつがいい
美味しい。スッキリ。飲み口がいい。濃い。好き❤

コクとキレの豊潤純米酒というコンセプト通りな印象♪ お米の旨味がしっかり味わえて香りほどほど、キレが良くもたつかないバランスの良い日本酒が好きなのでICHIJIも気に入りました(^^) リピート候補☆

8.NIJI:深い夜を鮮明にするりんご酸純米酒

CHARACTER:白ワインに多く含まれるりんご酸の豊かな日本酒です。従来の日本酒よりも酸味を際立たせた味わいにすることで、様々なジャンルの料理とのペアリングの可能性を広げました。ワインの酸味と日本酒の旨味、互いの良いところを取り入れた新感覚の日本酒です。Alc.15%

感想:2時に飲んでも美味しいスーッと飲める酸味が強いりんご系

1回目(20:00~)
口当たりスッキリだけど、濃くてどっしり。嫌いじゃない。
食べ物には合わせず単体で飲みたいな♪
NIJIは2時に飲んでも美味しい気がする。スッとする感じ。「帰らなきゃ!」ってなる(笑)
スーッと飲めるけど酸味が強いので好みが分かれそう。僕は好き☆
ICHIJIと比べるとNIJIの方が軽く感じる。勝手に「まったり重いお酒では?」との予想を裏切るスッキリ感。りんごだわ♪
変なクセがなく酸味が強い分、スッと飲めるけど実はちゃんとアルコール度数が15もあるんだね(^^) 飲んだ後、余韻が残るタイプだね

友人2人の意見を聞きながらの飲み比べはとても楽しかったです(^^) この日は久しぶりにお昼から集まりお天道様のもとで軽く飲んでから家で飲み直しというシチュエーションだったので、深夜帯に飲むコンセプトの日本酒2本をHINEMOSさんのおすすめシーンに近い感じで飲めたのでは?と思います。「深夜帯におすすめしているということは、重めのまったりしたコクのあるブランデーのような感じなのかな?」と予想しておりましたが、それを裏切る味わいに「こう来たか!」とビックリ!ただ重たいタイプではなく、またREIJIのロゼのようなデザート系でもないんですもん。おもしろいですねぇ(^^) 「どうやってコンセプトを決めたのだろう?」と、とても興味がわきました♪ 造り手さんの顔を想像しながら思いを想像しながら飲むとより美味しくいただける性格なので、こういうのがたまらないんですよねっ☆
あぁ美味しかった♪ 楽しかった♪ 小瓶8銘柄の飲み比べって病みつきになりそo(^^)o 

補足

1.飲んだ期間

HINEMOSが届いてから15日間、8回にわけて飲みました。最初のSHICHIJIを開けた時、スパークリング酒の飲み口の良さにうっかり飲み終えてしまい、「これではあっという間になくなってしまう!小瓶は危険だ(^^;」と知り、そこからは気持ちをグッと抑えできるだけ1本を2回に分けて飲むようにしました。
また、このセットが届いた時すぐに日本酒好きの友達の顔が浮かび、「一緒に飲んだら楽しそう♪ 感想も聞きたいな♪」と集う日までラストのICHIJIとNIJIは大事に取っておきました。きっとその予定がなければ、一週間も持たずに1日1本ずつ開封したことでしょう(笑)

2.スペック・蔵元

商品名称 HINEMOS 日本酒8銘柄飲み比べセット
原材料 米、米こうじ
サイト、SNS HINEMOSInstagramTwitter
開封 2021年10月
備考
  • クール便で届きます。要冷蔵
  • ご縁があり株式会社RiceWine様よりいただきました。ありがとうございました☆

感想まとめ

1.いいなと思った点

  • 箱から瓶までデザインがオシャレでCoolでカッコいい!
  • 箱を開けた瞬間気持ちが華やいでワクワクがとまらない❤ 日本酒好きな人はこれをもらったらめっちゃ嬉しいと思う☆ 私はテンションMAXになりました(^^)
  • サイズ感が絶妙♪ 美味しいうちに飲みきれる♪ 冷蔵庫に収まり邪魔にならない♪
  • 見た目も味わいもアルコール度数も低いものから高いものまですべて異なる8種類の飲み比べができてめっちゃ楽しい♪
  • 飲んだことのない初めての味わいに出会える♪
  • 味わいが全て異なるので自分はどういうものが好きなのか知るキッカケになるし、だんだんしぼれて好みの日本酒が明確になってくる♪
  • 人と集まって開封したとき、コンセプトとデザインで場が盛り上がり楽しい♪
  • ワクワク感と美味しさの両方を楽しめる日本酒の飲み比べセットはなかなかないので、これは贈答品に良い!ぜひ贈りたい!(自分にもご褒美として贈りたいw)

2.リピート候補

  1. JUJI(PM10:00)
    2020年フランスのパリで開催されるKura Masterという応募総数824本から選ばれる日本酒コンテストにて、純米酒部門で最高位であるプラチナ賞を受賞
  2. HACHIJI(PM8:00)
  3. SHICHIJI(PM7:00)
    2019年、イギリス・ロンドンで開催されたInternational Wine Challenge という日本酒の応募総数1500を超えるコンテストにて、スパークリング部門でシルバー賞を受賞
  4. ICHIJI(AM1:00)

私が「もう一度飲みたいな♪」と思ったのはこの4本でした。皆さんはどれが気になりましたか?

気に入った日本酒は1本から買えます。飲み比べセットの容量は1本:170mlでしたが、こちらは1本:500mlです。その他飲み比べセット、クリスマス限定商品などは末尾にずらっとご紹介しますね♪

さいごに

ひょんなことから出会ったHINEMOS TASTING SET 日本酒8銘柄飲み比べセット手に届いてから飲み終えるまでの15日間は「今日はどれにしようかな?何と飲もうかな?」と、とても楽しくて幸せでした(^^) 幸せな気持ちになると友達にもおすそ分けしたくなったりする気持ちの変化もまた嬉しいんですよね~♪ こういう気持ちになれるのが日本酒セットの楽しいところかな☆ もう一度と言わず、もう二度、三度、このセットを飲みたいです(笑)どなたか私へ貢物をしてくださる方がいらっしゃいましたら、ぜひこちらのセットでお願いいたします❤(なんてね)それくらい本当に気に入りました。日本酒好きの元上司と、友達の誕生日にさっそくHINEMOSを贈ろうと考えています☆ きっとパッと目が輝くんだろうなぁ♪ そばで反応を見てみたいなo(^^)o

そうそう!今回の小瓶きっかけで私の中で新たな変化がありました。私は小さな冷蔵庫を使用しています。今までは小瓶は割高な気がして冷蔵庫のドアポケットに立てて入れられる四合瓶を買っていたのですが「普通のスーパーで売っている小瓶3本を買って飲み比べしてみよう♪」なんて試みたのです☆ こんなことをするようになるなんて!恐るべしHINEMOS効果(笑)四合瓶を3本も入れたらいっぱいな冷蔵庫が小瓶だと3本入れても余裕なんですよね(^^) それもドアポケットじゃなくて普通の棚に入れられるんですもん♪ これはやめられなくなりそうです(笑)
あと、飲み比べだけでなく「できるだけ料理に合った日本酒を合わせたい!」という考えにもよくて、料理と一緒に日本酒を一口飲んで、「あ、違った!」と思ったらすぐにやめて合いそうなもう1本を取って開封しちゃえばOKなんです♪ これってとってもいいなぁと。私は生酒が好きで自宅用に買うのはほとんど生酒なのですが、一度にあまり量を飲めるタイプではないので、品質の低下を恐れて四合瓶を一気に3本も開けることはないんですね。よくて2本まで。一応バキュバンを使って真空状態にして保存はしておりますがそんなにサッサと飲めません(^^; なので、

少量飲みには小瓶って最適かも~☆ この世界は楽しいかも~o(^^)o

なんて思い始めております。なので冷蔵庫には普段使いの小瓶と、ちょっとぜいたくな気持ちになりたい時用にHINEMOSも置いておきたいです(笑)
(ご参考 生酒を美味しく保存できる酸化防止エアー抜き「バキュバン」♪

2021年11月現在、HINEMOSのラインナップはSHICHIJIからNIJIまでの8本ですが、どうやらいずれあと4本追加され、12の時間帯が揃うようです☆ めっちゃ楽しみ~(^^)/ 一度知ってしまったらもう後戻りはできません(^^; これからも追っかけたいと思います(笑)
皆さんも一度、贈答用や自分用にHINEMOSを手にとってみませんか?きっと何かしらの発見があり楽しめると思います♪
長文にも関わらず、最後まで読んでいただきありがとうございました。
では、皆さま酔い夜を~(^^)/☆

購入先のご紹介

飲み比べセット

ギフト包装対応ができるようです♪

クリスマス限定商品

クリスマス限定verのデザイン、キレイ~☆ 部屋に飾りたくなりますo(^^)o 写真も撮りたい☆

自分へのご褒美に☆

牡蠣専用の日本酒もあるようです☆


【CACCCI No.7】お歳暮 クリスマス 日本酒 ギフト(楽天市場)


【CACCCI No.6】お歳暮 クリスマス 日本酒 ギフト(楽天市場)

「HINEMOS」の検索結果を見る
Amazon  楽天市場店

関連記事

【山形】上喜元(じょうきげん)くだもの マスカット:スッキリマスカット☆ よ~く冷やしてどうぞ♪

一石屋酒店:元町・中華街、山下公園観光後に今宵の日本酒探しはいかが?(神奈川県横浜市)

最近の記事

翻訳 / Translate

PAGE TOP