MINAKI 極幻(GOKUGEN):非の打ち所がないラグジュアリーな日本酒の美味しさに酔いしれる

非の打ち所がない日本酒の美味しさを知り酔いしれた日☆

※ 読了目安:18分

こんばんは。日本酒に愛された女です♪
株式会社REBORNが山形県の奥羽自慢株式会社を醸造パートナーに迎え2022年2月に誕生した日本酒ブランド「MINAKI」のラグジュアリーな日本酒「極幻(GOKUGEN)純米大吟醸」をご紹介します。
精米歩合17%、兵庫県産山田錦100%という表記からすでにワクワク♪ 最初に日本酒だけでいただくと、ふくよか・やわらか・とろみあり、ほんのりフルーティーでとっても美味しい♪ その場にいた3名とも非の打ち所がないラグジュアリーな日本酒の美味しさに心を奪われ、「日本酒だけでとっても美味しいね(^^)」と大絶賛☆ 日本酒の料理11品と一緒にいただいた感想も書きますので、「極幻ってどんな日本酒だろう?」と興味のある方や、特別な日にふさわしい格別な日本酒をお探しの方はよろしければご覧くださいね♪

【速報】「IWC2022」純米大吟醸酒部門にて極幻 (GOKUGEN) がゴールドメダルを受賞!

2022年5月25日  2022年5月25日

開封の儀・デザイン

化粧箱はシックで落ち着いたトーンのブルーグリーンベース。そこに刻まれたゴールドの「MINAKI」のロゴがとても美しい☆

栓の外側は樹脂製。アルミ製と異なり開ける時に危なくなくてGood♪

冊子とGuarantee Cardが同封されています。冊子には極幻の紹介と、極幻と一緒に味わっていただきたい料理が紹介されているのでそれを見ながら「どんな風に楽しもう?何が一番いいかなぁ?」と想像が始まりワクワクします♪

いただきます☆

人生初の特別なラグジュアリー日本酒は大切な人と感動を共有したい☆
誰とどこで何と一緒にいただこう?

お話しをいただいてから「こんな特別な日本酒はできたらみんなと飲みたいなぁ。どうしよう(^^;」と、日本酒が好きな人たちの顔を思い浮かべて悩みました。数日考えた結果、今回は若かりし頃、仕事のみならず美味しい料理や日本酒の世界へ誘ってくださり、今も年に数回お会いしていつものお店で一献☆と、お世話になっているBOSSと奥様といただくことにしました。「喜んでいただけたら嬉しいな♪」と思いお宅へうかがうと、極幻に負けず劣らずなごちそうをたくさん用意してくださっており、「かえってお手数をかけてしまったかも。。何とお礼を言えばいいのやら。いつも本当にありがとうございます!!」と感謝の気持ちでいっぱいになりました。そんな大切なお2人と一緒に特別な極幻をいただいた感想を書きます☆

A. まずは日本酒だけで♪

「極幻」が目指したのは、日本酒らしい上品な味わいとクリアな旨味のバランスです。
辿り着いたのは “精米歩合17%” でした。米を80%以上削り、中心部のわずかな部分のみを贅沢に使用しています。
出典:極幻(GOKUGEN)|MINAKI公式:STORY 開発秘話「200時間以上磨きあげた精米歩合17%」

17%まで磨いただなんて、いったいどんな味わいなんだろう~?
繊細なキレイさを楽しむ日本酒なのかな~?

栓を開けた瞬間、小さな音が「ポンッ♪」。うぅ、ドキドキしてきましたo(^^)o

色味はやや黄色。ワイングラスを少し傾けるとグラスの内側にとろろん♪ と、ゆっくり日本酒が垂れていき、とろみがあるのがわかりました。「わぁ!とろみ系なのね♪ 香りはあるのかな?」と鼻を近づけるとフルーティーな香りがふわっとし、「これは好きなタイプの味わいでは!?」と、ドキドキしながら一口。

わぁ♪ 美味しい❤

やったぁ!美味しい日本酒に出会っちゃった~(^^)/ 優しいフルーティーな香りのあとに適度な甘さとジューシーさを持つ洋梨のようなフルーツの味わいをほんのり感じ(この時点ですでにとっても美味しい)、軽すぎず重すぎずちょうどいい重さでとろみとともに旨味がゆっくりやわらか~くたっぷんと静かに奥へ広がっていき、最後にほんの少しひゅっと出てくる酸味でキュッと1つの味わいとなり完成。そして静かにゆるやかに消えていきました。飲み心地もいい♪

わぁ!なんて心地良いんでしょう~♪ すごく美味しいですね~!好きな味です~♪ 素晴らしいなぁ~(^^)
日本酒だけでも美味しいわね。終わりの方に酸味が来るね。
うん。とろりとしてこれは美味しいねぇ(^^) いい日本酒だ。

3人とも大絶賛!!素直に美味しいと思える日本酒に出会えました。あぁ、嬉しいなぁ。。。

繊細でジューシーな甘味と旨味。澄み渡る湖のような透明感のある、上質な味わい
出典:極幻(GOKUGEN)|MINAKI公式:テイスティングノート「TASTE 味わい」

まさにこれ!一部を抜粋しましたが、こちらに書かれている表現はとても的確だなぁと感じました。詳しくはサイトをご覧くださいね☆

B. 料理と一緒に☆

日本酒だけでとっても美味しいことがわかった極幻。さぁ!料理と一緒だとどうでしょうか?

本日のメニュー

  1. アカモクとろろ
  2. 蕗と竹の子と揚げと豚肉の炒め煮
  3. ホヤときゅうりの酢の物
  4. 春キャベツのあさりロール巻き
  5. 焼きそら豆
  6. 蕪の塩昆布和えアミエビ乗せ
  7. お刺身の盛り合わせ(バフンウニ、鰹の藁焼き、いわし、ウマヅラハギ肝付き、アルゼンチンえび)
  8. バイ貝の酒蒸し
  9. ムール貝の白ワイン蒸し
  10. 若狭のすっぽん鍋
  11. 有頭海老を使った海老グラタン

「まだ飲んだことのない日本酒だから何を合わせればいいのかわからなくて。。」と、たくさん料理を用意してくださいましたm(..)m 日本酒に合いそうないろんな味わいの料理が揃っております♪ では1品ずつ行きますね!

小鉢いろいろ♪

  • アカモクとろろ
    すっきりとした淡白な味わい。こちらにはキリッと冷やした淡麗辛口の日本酒が合いそう。
  • 蕗と竹の子と揚げと豚肉の炒め煮
    優しい旨味が美味しい一品。「銚子の誉 本醸造(千葉)」や「群馬泉 本醸造(群馬)」などの優しめで味わいがさり気なくほわりと乗ってまとめてくれるようなぬる燗が合いそう。
  • ホヤときゅうりの酢の物
    ホヤ独特の強めの磯風味ときゅうりの青みも感じられる味わいとはあまり。。でした。本醸造とか山廃とかが合うのかな?極幻とは別に用意してくださっていた神奈川県の「熊澤 吟醸」はすっきりとした味わいで最後に広がる旨味が合いました。
  • 春キャベツのあさりロール巻き
    キャベツの食感と青み、あさりのほんのり広がる旨味が味わえる全体的に優しい味付けの京都のおばんざい系。悪くはないのですが、淡麗辛口や本醸造の日本酒がより合いそう(冷やでもお燗でも)
  • 焼きそら豆
    ぽっくりとした食感とこおばしい香りとじわりと来る甘旨味に合いました。採れたて自家製のそら豆だったのでお塩なしでいただいたのが、なお良かったのかもしれません♪
  • 蕪の塩昆布和えアミエビ乗せ
    塩昆布とアミエビの旨味を全部吸った蕪がめちゃめちゃ美味しかった一品☆ 3人共 “○” と意見が一致。極幻の優しい甘みと料理の優しい甘味 or 旨味が同じくらいの比率だと合うのかも♪ これが蕪ではなく大根だったら苦味や青味が出てちょっと違う結果になったかもしれません。(この料理は日本酒を選ばなさそうです。後日私も作りました♪)

お刺身の盛り合わせ

  • バフンウニ
    とってもいい状態のこれだけで美味しいバフンウニ❤ 「クリーミーだし旨味もあるし合いそう♪」と思いきや、ウニの個性がバーン!と出るのでウニだけでいただく方が好きでした。食べてみないとわからないものですね(^^)
  • いわし
    新鮮で脂が乗ったいわしだったからか意外にいけました。BOSSと奥様も「まぁまぁ合うね」と。
  • アルゼンチンえび
    わさび・醤油を少なめでいただくと、ねっとりとした食感とえびの旨味がしばらく続く余韻とで重なり合いました。えびメインでいただいたのも良かったかも♪
  • ウマヅラハギ with 肝醤油
    ウマヅラハギのあっさりめの旨味に味わい深い肝醤油(肝メインで醤油はほんの少し)をつけていたくだくとエンドレスになる美味しさ❤ 飲兵衛、飲み姫には好きな方が多そうですよね♪ BOSS曰く「合格!」。私もとてもよく合うなぁと思いました(^^) 最後に強すぎない旨味や甘味の余韻がじわ~んと漂う系や、ねっとりとした食感のものと合いやすいのかも!?
  • 鰹の藁焼き with 生姜醤油
    BOSSが藁焼きをしてくださった鰹の皮のこおばしい風味と、新鮮な鰹ならではのさっぱりとしながらも凝縮された旨味に生姜がアクセントとなり味がグッと引き締まるとても美味しい一品でしたが、こちらはキンキンに冷えたスパッと切れる日本酒といきたいかな♪ 宮城の日本酒がパッと浮かびました☆

バイ貝の酒蒸し

バイ貝の酒蒸し:○
バイ貝の旨味と合いました(肝は単体でいただく方が良かったです)。ふと「とこぶしのバター醤油焼きと合うかも!?」と思いました。味が強すぎて極幻が負けちゃうかなぁ?試してみたいですねぇ♪

武蔵小杉「海鮮山鮮」は季節の日本酒と魚料理を堪能出来るお店(神奈川県川崎市)→ 小鮑のバターソース焼き

ムール貝の白ワイン蒸し

ムール貝の白ワイン蒸し
火を通した癖のないそれでいて淡白すぎないムール貝の旨味といいバランス。火の通った料理の方が合いやすいのかも?もしかすると洋食の方が合いやすいのかも!? 

若狭のすっぽん鍋

若狭のすっぽん鍋
20年以上ぶり、人生2度目のすっぽん鍋をいただき、「すっぽん鍋ってこんなに美味しかったんだ!」と驚きました☆ コラーゲンたっぷりの身とお出汁がとっても美味しいんですねぇ。お出汁で日本酒が飲みたくなるお鍋ですo(^^)o 一緒に入れたお野菜もこの旨味を存分に吸っていてとっても美味しくて、いくらでも食べられちゃいそうでした♪ 奥様は「すっぽん鍋と極幻は合うわね。」とおっしゃってました。あたたかくてやわらかい旨味が楽しめる料理と合うのかも!?
余談ですが、私はこういう旨味やお出汁がしっかりと出ているお鍋には、優しくて穏やかで少しだけ甘さも感じられる日本酒をお燗でいただくのが好きでして、飲食店でおでんと山形・磐城 壽「アカガネ」山廃仕込み純米酒のお燗を飲んだ時のことを思い出しちゃいました。 味わいから記憶へぴゅん!と、ひとっとびできるのも日本酒の楽しいところですね♪

【飲食店】南阿佐ヶ谷「酒場 さん七」は日本酒と料理を堪能できるオトナの秘密基地☆(東京都杉並区)→ 磐城 壽「アカガネ」山廃仕込み純米酒

有頭海老を使った海老グラタン

有頭海老を使った海老グラタン
こちらは以前BOSSが初めてふるまってくださったときにあまりの美味しさに大感動した私にとって思い出深い一品です。「まさかまた食べられるなんて☆」という感動が先に来てしまい食べる前から美味しいモードにo(^^)o 有頭海老の殻を炒めることで出てくる旨味と有頭海老のミソのコクと旨味をプラスした複雑な旨味のハーモニーが広がりめちゃめちゃ美味しく、バターを使わずヘルシーなこともあり、たくさん食べたあとの〆として出していただきましたが、ペロリと平らげてしまいました☆
前置きが長くなりましたが、この味わいを想像していただけるとおわかりかと思いますが、はい!正解です☆ こちらの料理にも極幻は合いました。火を通し生臭さを感じない魚介類の甘旨系の料理に合うのかもしれませんね♪

テーブルに乗り切らないくらい作っていただいた料理すべてが美味しく、そこへ極上の日本酒をあわせていただけて幸せすぎるスペシャルなひとときでした。あぁ、お腹も心も大大大満足です(^^)/ ごちそうさまでした!!

感想まとめ

料理を合わせるなら

  • 生臭くないもの
  • 青臭くないもの
  • 香りが強くないもの
  • やわらかな甘味や旨味があるもの
  • 火を通したものの方が合いやすいかも
  • 和食よりも洋食の方が合いやすいかも

3人の感想

極幻はとにかく美味しい❤ 非の打ち所がない♪ なのでこれだけでゆっくりまったりいただきたい☆
もし料理を合わせるなら強すぎない旨味の余韻がふわ~っと続くものや、シンプルにクラッカーとクリームチーズ、ドライフルーツ、塩味なしのミックスナッツなんかを合わせてみたいな。
日本酒がいいからこれメインでおつまみは気張らずちょっと添える程度でOK。生じゃない方がいいかも。何も食べないで飲んだときが一番美味しかったので、お酒を楽しむ感じがいいわ(^^)
個性があまり強くない料理とは合う。食べ物は少しくらいが良い。貴族の味だな。酒 of 酒!変に食べ物と合わせようとしないで、ウイスキーのように純粋にお酒だけを味わうのがいい(^^) 海外でウケるのでは?

極幻 (GOKUGEN) の情報

ブランドについて

人生に、忘れられない時間を

どんな人にも、人生の記憶に残るプレシャスな時間があります。その特別な時間に寄り添い、彩るような日本酒をつくりたい。そんな思いから「MINAKI」というブランドを立ち上げました。
(中略)
世界中の人が人生の節目に開けたくなる特別な一本を。そんな私の思いに共鳴してくださった、確かな醸造技術を持つ杜氏の方とともに、プロジェクトが始動。試行錯誤を重ね、杜氏が情熱を注ぎ、“時” を味わうような究極の日本酒を作り出すことができました。
(中略)
長い歴史の中で、わたしたち日本人は日本酒の盃を交わし、それぞれの絆を深めてきました。あなたの大切な人と過ごすひとときを、「MINAKI」が鮮やかに彩ることができたら。そんな思いを持ちながら、日本酒の新しい世界へ挑戦しつづけています。
出典:極幻(GOKUGEN)|MINAKI公式ブランドについて

MINAKI公式サイトより、一部抜粋しました。ぜひご覧くださいね。

「IWC2022」純米大吟醸酒部門にてゴールドメダルを受賞!

2022年4月24日~27日にロンドンで開催された「IWC(International Wine Challenge)2022」にてゴールドメダルを受賞されました☆ 2022年2月のブランド誕生からたったの3カ月未満で世界的な評価を受けられたなんて素晴らしいですね!!おめでとうございます(^^)/

MINAKI公式 > お知らせ:世界最大規模の権威あるワイン・清酒品評会「IWC2022」にて、『極幻|GOKUGEN』が金賞を受賞

スペック・蔵元

商品名称 極幻(GOKUGEN) 純米大吟醸
タイプ ふくよか・やわらか・ほんのりフルーティー
原材料 米(国産)、米こうじ(国産米)
原料米 兵庫県産山田錦100%
精米歩合 17%
アルコール分 15度
火入れ 1回
製造年月 2022年5月
製造者 奥羽自慢株式会社(山形県鶴岡市上山添神明前123)
開発販売者 株式会社REBORN(東京都港区六本木7-14-23)
価格 32,780円(税込)/ 720ml
備考 [要冷蔵] 必ず冷蔵庫(-5℃~5℃)で冷やして保管し、お早めにお召し上がりください(開封後は1週間以内の飲みきりを推奨)
補足
  • 開栓日:2022年5月
  • ご縁があり株式会社REBORN様よりいただきました。ありがとうございました☆

さいごに

40歳過ぎに転機が訪れたとき、「人生って、ちらしに鉛筆でザラッと書きなぐったような日もあれば、真っ白でキラキラ光るノートに万年筆で丁寧に美しい文字でカラー写真も貼り付けて書いたような日もあり、そんな1つ1つの積み重ねなんだなぁ~。こうして人それぞれオリジナルの人生を作っていくんだなぁ。」と、気づきました。それを機に少しずつ新しい考え方や価値観が生まれ、それからは好奇心、新しい経験、感動に重きを置く生き方をするようになりました。今回、極幻という新しい出会いをしてから、

あぁ、美味しい日本酒だったなぁ~。大切な方と最高峰の日本酒を味わえてステキな想い出がつくれて本当に嬉しいなぁ(^^)

と、うっとり余韻にひたり今もなお幸せな気持ちを味わっております。こんなステキで特別な経験はもちろん人生ノートに追加です♪ 今回はプラチナのページに彫刻刀で手彫りするような気持ちで新しい経験カテゴリーに書きました(^^) うふふ。また後で何回も見返そう~っと☆ そうこうしているうちに私の人生ノートもだいぶ厚くなってきました。厚くなればなるほど「増えた♪ 増えた♪」と喜んでおります。これからもどんどん新しい経験や感動を味わって、私の人生ノートを分厚く奥深いものにしていこうと思います☆
今回このような素晴らしい機会をくださった株式会社REBORN様。そしてBOSSと奥様、本当にありがとうございました。心からお礼申し上げます。

さいごに、ブログをここまで読んでくださった皆さま、ありがとうございます☆ 極幻は開栓前の緊張感にはじまり、開栓後は池の底からコンコンと新鮮な水が湧いてくるかのようにワクワク感や喜び、幸せな気持ちがどんどん湧いてたまって溢れ出しそうになるような感情、感覚をもたらしてくれました(^^) 味覚プラス、そんな風に感情が揺さぶられるのもとても楽しかったです♪ もしよろしければ何かの折に手に取ってみてくださいね♪

購入先のご紹介

MINAKI公式サイトより購入できます。
MINAKI極幻(GOKUEN)

では、酔い夜を~(^^)/☆

関連商品

関連記事

【飲食店】鯛の王様:美味しいお魚と日本酒が大好きな方は迷わずGo!(神奈川県横浜市)

【青森】豊盃 純米吟醸 華想い:フルーティーでみずみずしくてクイクイ飲めちゃいます

関連記事

  1. 高級日本酒 TAKANOME(鷹ノ目)リニューアル!ごちそうの味…

    こんばんは、日本酒に愛された女です♪皆さん、「高級日本酒 TAKANOME(鷹ノ目)」をご存知で…

  2. HINEMOS(ひねもす)日本酒8銘柄飲み比べセット:日本酒好き…

    こんばんは。日本酒に愛された女です♪と、悩んでいる方はいらっしゃいませんか?好みは人それ…

最近の記事

翻訳 / Translate

PAGE TOP