【京都】玉乃光 純米大吟醸 祝 京の琴:ふだんの料理やシンプルな魚介料理のおともに

お刺身やホッケの開きなどに合う高級食中酒☆

※ 読了目安:4分

こんばんは、日本酒に愛された女です♪
京都の玉乃光酒造さんが醸す「玉乃光 純米大吟醸 京の琴」をご紹介☆
キレイで旨味が穏やかで少しとろんとしてて、ふだんの料理やシンプルな魚介料理によく合う高級食中酒です(^^)

【京都】玉乃光 純米大吟醸 祝 京の琴

感想

sake02 好み度:★★★★☆(4.0)

  • 木箱入りは特別感があり嬉しい(^^)♪
  • ややとろみ
  • 旨味が穏やか
  • 最近好んで飲んでいる「中辛口」。どこか突出してるのではなく、きっとみんな好き嫌いなくすっと受け入れやすい1本♪
    → 花浴陽や栄光冨士のSHOOTING STARのような、「パイナップルやトロピカルフルーツのような香りがドーン!」というタイプではない
  • ホタテのお刺身によく合う♪ シンプルな和食、魚介料理と一緒に飲むと美味しい
  • これを飲んで、「高級な食中酒」という私の中の新たなカテゴリーが出来た☆
  • 「実はずっとそこに佇んでいた人って、えらい人だったんだ!」という感じ
    → Amazonのレビューに書かれていた「5,500円ですが、果たして気付いて貰えるかどうか。」というコメントを読んで「まさにそれっ!」と共感しました

スペック・蔵元

米、水、酵母。すべて京都産100%にこだわりました。上品ではんなりとした香りと凛とした気品ある味わいは、京料理にはもちろん、家庭的な料理にも幅広く合います。
~ 玉乃光酒造さんのパンフレットより ~

商品名称 玉乃光 純米大吟醸 祝 京の琴
原材料名 米(京都府産)・米こうじ(京都府産米)
使用米 京都府産 祝100%
精米歩合 40%
アルコール分 16度
製造年月 2019年6月
製造者 玉乃光酒造(株) 京都市伏見区東堺町545-2
サイト http://www.tamanohikari.co.jp/

補足

  • 価格:5,500円(税込)/720ml
  • 開栓:2020年3月下旬~
  • いただきもの。京都在住のいとこからのBDプレゼント

合わせた料理

普段購入する日本酒の3倍以上のお値段!という貴重な日本酒をいただいたので、「美味しいおつまみを合わせたいなぁo(^^)o」と、「【北海道復興福袋】海鮮福袋セット 送料無料 在庫SOS」を注文。あとはいつもの料理とミックスナッツで♪

料理との相性(個人調べ)

  1. ◎ ホタテのお刺身
  2. ◎ いくらおろし
  3. ○ ホッケの開き
  4. ○ カニの身
  5. ○ 茄子の生姜醤油和え
  6. ○ 野菜炒め
  7. ○ 大根ソテー黒ごま添え
  8. △ ミックスナッツ&おかき

さいごに

京の琴は初めての味わいで、スッキリしすぎていない魚介に寄り添う中辛口。「料理 → 日本酒 → 料理。。。」と、同じテンポでするすると飲み続けられるお酒。日本酒単体ではなく、料理と一緒の方が美味しいんですよ~(^^) そして飲み切るまで味わいは変わりませんでした☆ なので、「高級食中酒」というカテゴリーが出来ました(笑)

あえてこの値段で、夜ご飯のおかずに合うような味わいを作ったのはなぜだろう?

さり気なく良いものを日々の食卓でいただくという本物のセレブ向けなのかしら!? う~ん、気になる!蔵元さんに聞いてみたいo(^^)o
もし機会がありましたら、皆さんもお試しあ~れ♪
では、酔い夜を~(^^)/☆

地魚と地酒 吟吟:未知の素晴らしい日本酒に出会えるお店(東京都品川区)

【ゆる飲み】荷札酒・花の香・会津中将でB.D Party☆(2020年3月)

関連記事

  1. eye-eikun-idutsuya

    英勲・純米大吟醸 井筒屋伊兵衛 フルーティー好きには最高!特別な…

    こんばんは、日本酒に愛された女です♪フルーティー好きにはたまらない特別な1本☆ 京都齊藤酒造の「…

  2. 【京都】shirakiku BLACK LABEL 純米無濾過 …

    こんばんは、日本酒に愛された女です♪京都の白杉酒造(株)が醸す黒麹仕込みの「shirakiku …

  3. eye-eikun-shiboritate

    【京都】<季節限定>英勲 純米しぼりたて 生原酒

    京都は伏見の「英勲」を醸す齊藤酒造(株)の「英勲(えいくん) 純米しぼりたて 生原酒」です。 京…

  4. 醪音・アイキャッチ

    醪音(もろみね)四割磨き 純米大吟醸原酒はフルーティー界の王者

    こんばんは、飲み姫です♪京都は伏見の「英勲」を醸す齊藤酒造(株)の「醪音(もろみね) 四割磨き …

最近の記事

翻訳 / Translate

PAGE TOP